口周りにニキビができる本当の原因をあなたは知っていますか?

実はトップページの「話し相手も気になる口周りのニキビ・口周りニキビの原因と治し方」に記載している内容は、ニキビができた後にそれが更に悪化し炎症ニキビへなっていく原因について記載しており、本当の根本的原因とは違うのです。。

ネット上には様々な情報が錯乱しており、誤った知識を身に付けている方が非常に多く感じます。それらは、我々Webサイトの作成者の問題ではあるのですが、そういった情報に惑わされず正しい知識を身に付けることが大切です。

では早速ですが、口周りなどにニキビができる原因として下記のようなものがよく見受けられます。あなたがもし、口周りニキビに悩んでおられるのであればこれらが原因と書かれているサイトを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

  • 肌の乾燥
  • 紫外線
  • 体質
  • 間違った洗顔方法
  • 睡眠不足
  • 加齢
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 生理前
  • ストレス
  • 皮脂の過剰分泌

あなたは、実際にどれが口周りニキビの原因だと思いますか?
複数でも構いません、原因と思うものを全てピックアップしてみてください。

口周りにニキビができる本当の原因はこれ!

口周りにニキビができる本当の原因は、上記のいずれでもありません。

驚きですよね。よく言われている原因が、ニキビ原因ではないのだから。実は、もう一つネット上でもよく見る原因が上記のリストには抜けています。なんだと思いますか?

角栓です。

これがニキビができる主原因で元凶でもあります。「なんだ、当たり前だ!」と怒らないでくださいね。これが本当に重要なのです。「角栓」以外のよく言われている原因というのは、角栓を引き起こすための間接的な原因で合ったり、ニキビが発生しやすくなる原因というだけであり、ニキビが必ずしも発生する原因ではないのです。

角栓の場合は、『角栓≒ニキビ』と言い切ってもいい程、角栓ができたら確実にニキビができると思って頂いて結構です。

例えば、ニキビ原因でよく言われている「皮脂の過剰分泌」。皮脂が過剰分泌するとニキビになると言われることもありますが、毛穴に角栓がなければ皮脂は毛穴に溜ることがなく、例え大量に分泌されたとしてもニキビには発展しないのです。ただ、角栓ができかけで毛穴の半分を塞いでいるような状態のときに通常の分泌量ならまだ毛穴に皮脂が溜ることはないが、分泌量が多く外への排出が間に合わないがためにニキビへ発展するということはあります。

しかし、これも根本を正すと角栓ができ始めたからですよね。

そして、そんな角栓ができる要因として、「紫外線」であったり「睡眠不足」、「加齢」、「食生活の乱れ」、「ストレス」などの様々な原因があります。この間接的原因ばかりが取り上げられることが多いため、間違った知識を頭に入れる人が多くなってしまうのです。

自分の口周りにニキビができてしまった場合は、まずはなぜ、『毛穴に角栓ができてしまったのか?』という原因追求から行うことが大切です。単純に、ニキビができたからよく原因と言われている「紫外線を避けよう」「睡眠を確保しよう」「ストレスを溜めないようにしよう」と頑張ってもいつまで経ってもニキビは治りません。

何度も書きますが、大切なのは自分の毛穴になぜ『角栓ができてしまったのか?』です。